ハイヤーはいつでも誰でも利用できるもの?

ハイヤーを利用したことがない人にとって、いつでも誰でも利用できるものなのかは気になるところでしょう。というのは、利用したいと思ったときに急にハイヤーを依頼できるかどうかが分からないからです。残念ですが、利用したいときにいつでも利用できるのはハイヤーではなくタクシーになります。街中で手を挙げて停めることもできますし、予約をしなくても利用できるのは多くの人が知っていることでしょう。この点だけを見ていると、ハイヤーは利用しにくいような気がするかもしれません。急に思い立ったときに利用できないため、そのように解釈する人がいるのも当然のことです。

ハイヤーは急に利用できない、いわば完全予約制という利用方法であるため、あらかじめ決まった予定があるときに利用するものとなっています。会社側は予約の入った人の状況やバックグラウンドなどを踏まえて、どのようなサービスを提供するのか、どのようなことに配慮しなければならないのかを考えます。そのため、利用するときの快適な送迎はもちろんのこと、接客やサービスなども予約してくれているお客様だけに向けて提供されます。いわゆる「特別感」を味わえるのです。

また、ハイヤーは完全予約制といっても、次々にお客様の予約を入れているわけではありません。ひとりのお客様の送迎などが済むとすぐに営業所などの待機所に戻ります。次の予約が入っていたとしても、スタートするのは営業所からという決まりがありますし、一度車内を清掃や除菌などをしたり、何か準備するものがあれば、それらを準備したりしていきます。送迎のみであればそこまで準備するものはありませんが、次の予約がサプライズ利用だったり、観光ハイヤーだったりする場合などは準備するものも出てくるでしょう。それらを準備しなければなりませんし、何よりも次のお客様を乗車させるにあたって、前のお客様の気配をすべて消すことが必要です。いちからリセットするような形になります。

ハイヤーは思い立ったときにすぐに利用できないため、使い勝手が悪いように思われる人がいるかもしれません。急に利用したい、送迎を頼みたいというときはタクシーを利用する方がいいでしょう。それぞれの役割というものがあり、タクシーは思い立ったときに利用することはできますが、前の人が乗車していた気配を感じることもありますし、においなどが残っていることもあります。送迎という目的は同じですが、それぞれが利用について住み分けを行っているからこそ、上手くまわっているのでしょう。